浴室暖房を設置することで、入浴以外の生活も便利になります。

ヒートショック

浴室暖房を設置するメリットは多くあります。特に寒い冬に活躍します。寒い冬は、身体を温める入浴は欠かせません。しかし、急激な体温の変化により心肺機能に影響を与えてしまうことがあります。
特に心肺機能が低下しているお年寄り等は大きな影響を受けます。体温が急激に変動することで、血圧が大きく変わります。
体温が低いと、血液の循環が遅く血管が収縮しています。体温が上昇すると、血液の循環が急激に促進され、血管が拡張されます。それによって、湿疹や不整脈、心筋梗塞、脳梗塞を引き起こす事があります。
このことを、ヒートショック減少と言います。

入浴中のヒートショック現象によって、年間多くのお年寄りが命を落としています。ヒートショックによって失神してしまい、浴槽で溺れて死亡するというケースが非常に多く、年間で1万7000人ものお年寄りが死亡しています。
夏場は気温も高いため、入浴を行っても大きな血圧の変動はありません。その為、ヒートショックによる死亡事故は少ないです。
しかし、12月、1月といった寒さが厳しい季節には、夏場のおよそ11倍の死亡事故が起きています。
このようなヒートショック現象を防ぐためにも、浴室暖房は欠かせません。

ヒートショック現象は急な温度の変化が原因です。寒い浴室に裸で入ることで体温は低下し、血管は収縮します。その状態で入浴することで、ヒートショックが起こります。
浴室暖房をつけると、浴室が温かいため血管の収縮を引き起こすことはありません。平常な体温を保ったまま入浴することで、血圧の上下が少なくなり、ヒートショックを防ぎます。
お年寄りだけでなく、糖尿病、高脂血症、高血圧の方はヒートショックを引き起こしやすい傾向にあります。浴室暖房を設置して、ヒートショックによる急死のリスクを回避しましょう。