浴室暖房を設置することで、入浴以外の生活も便利になります。

洗濯を乾かす

浴槽を温める効果がある浴室暖房は、冬などの寒さが厳しい季節に活躍します。では、気温が温かい春や夏場等はどうでしょうか。
浴室も温かいため、それほど必要ないように思われます。しかし、浴室暖房には一年を通して生活をより便利にするメリットを備わっています。
浴室暖房は浴室を乾燥させる機能があります。本来は防かび効果を期待して設置された機能ですが、浴室内を温かく、乾燥した状態にするこの機能は、その他の大きなメリットをもたらしました。
それが、洗濯物の乾燥機能です。温かく、乾燥した状態の室内は、洗濯物が乾きやすい環境になっています。
その為、雨の日でも洗濯物を浴室内に干して、浴室暖房を使えば乾かす事ができます。

雨は冬だけでなく一年通して振り続けるものです。特に、5月や6月の梅雨の時期には毎日のように雨が振り続けます。
雨が降ると、洗濯物をベランダで干すことができなくなってしまいます。この場合、コインランドリーで乾かすか、室内で部屋干しをして洗濯物を乾かすしかありません。
コインランドリーで洗濯物を乾かすには、お金がかかります。家族が多い場合だと、一回の洗濯で500円~1000円ほどかかってしまいます。梅雨の時期の洗濯で毎回コインランドリーを使用すると、大きな出費になってしまいます。
部屋干しを行うと、嫌な匂いなどを放つ原因になります。室内では洗濯物が乾きづらく、乾くまでに臭いの原因である雑菌が繁殖してしまいます。

室内暖房を設置した浴室で洗濯物を乾かすことでこのような悩みから解消されます。
室内暖房を使用する電気代はかかりますが、コインランドリーで乾燥させるよりも断然お得な値段になっています。
また、乾燥、除湿の効果がありますので洗濯物をスピーディーに乾かす事ができます。部屋干しの臭いを放つ雑菌が繁殖する前に乾くので、嫌な匂いを放ちません。
一年通して降る雨の洗濯物対策を行えるのも、室内暖房の魅力です。